ふくちやま福祉会について

理事長あいさつ

理事長 桐村 和伸

共同作業所では、ある仲間の行動にほどほど手を焼き、職員は「ほかの仲間が大けがでもしたら大変だ」と悩み続けていました。
ある日、「彼には辞めてもらおうと思っている」と仲間たちに打ち明けました。するとそれを聞いていた仲間が、「彼が良い子になるまでは、みんなでがんばろな」と優しい目で職員を真っ直ぐ見つめて言いました。
この時職員は、仲間たちがこれまでの自分たちの経験から、弱い者の立場をよく知っていて支え合おうとしていること、そんな温かさを持った仲間の姿に感動しました。

これは、福知山共同作業所開所3年目の実践から生まれたエピソードです。以来、「みんながしあわせになるまでは、力を合わせてがんばろう」が、困難な時にみんなで支え合い、心をつなぐ言葉となりました。

法人の前身である福知山共同作業所が1980年に6名の仲間を迎えて開設され、1992年に社会福祉法人の法人格を取得し、1993年に1つ目の認可施設を開設以降、
今では、障害の種別や重・軽、年齢を超え、15種類の障害福祉サービス事業を実施し、障害のある方々の自立と社会参加を支援する総合的な組織へと発展することができました。

福知山共同作業所の時代から地域の皆さまに支えられ40年余、大きく育てていただきました。これからも「なるまでは・・・」を合言葉に、新たな歩みを進めてまいりたいと思います。皆さまのご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

法人理念

障害の種別を超えて
どんなに障害が重くても
ともに活動できる場をめざしてきました

 

障害があっても
安心して働き暮らし続けられる
地域社会を創りあげるために

 

ふくちやま福祉会は
障害のある方を真ん中において
地域の皆さんとともに
取り組んでいきます

法人概要

法人名社会福祉法人ふくちやま福祉会
代表者理事長 桐村 和伸
設立認可年月日(平成4年)1992年 8月 21日
設立登記年月日(平成4年)1992年 8月 28日
所在地〒620-0928
京都府福知山市字奥野部小字三ノ宮252番地
連絡先TEL:0773-24-5245
FAX:0773-23-2826
実施事業生活介護事業、就労継続支援事業(B型)、児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業、日中一時支援事業、居宅介護事業、行動援護事業、重度訪問介護事業
移動支援事業、一般相談支援事業、特定相談支援事業、障害児相談支援事業、地域活動支援センター事業(Ⅱ型)、共同生活援助事業、短期入所事業
契約延人数
職員数

法人沿革

1980年03月福知山共同作業所」(無認可)開所(通所者6名)
1991年10月たんぽぽの家」(無認可)開所
1992年08月社会福祉法人ふくちやま福祉会設立
1993年04月ふくちやま作業所」開所(定員40名)
1999年04月たんぽぽの家」開所(定員20名)
1999年04月ふきのとう作業所」開所(定員22名)
2000年07月精神障害者地域生活支援センターふきのとう」開設
2001年08月福知山共同作業所」認可施設化
2004年05月グループホームひだまり」開所(定員4名)
2006年09月第2ふくちやま作業所」開所(定員20名)
2006年10月地域生活支援センターふきのとう(指定相談事業)へ移行
2007年10月ガイドヘルプふくちやま(移動支援事業)」開始
2011年05月ふきのとう作業所(指定就労継続支援事業B型)へ移行
2011年07月ふくちやま作業所(指定就労継続支援事業B型)へ移行
2011年07月たんぽぽの家(指定生活介護事業)へ移行
2012年04月第2ふくちやま作業所(指定就労継続支援事業B型)へ移行
2012年04月福知山共同作業所(指定就労継続支援事業B型)へ移行
2013年05月ホームいさ」開所(定員8名)
2013年05月ショートステイ「ホームいさ」開所(定員3名)
2013年09月ポップコーン(居宅介護事業・重度訪問介護事業・行動支援事業)開始
2013年09月コーンクラブ(日中一時支援事業)開始
2013年09月きらきら(児童発達支援事業)開始
2014年01月ホームまえだ」開所
2014年04月「森cafe」オープン
http://mori-cafe.fukuchiyama-fukushikai.com/
2014年07月ホームにしなかの」開所
2015年04月あまづキッチン」オープン
http://amadu-kitchen.com/
2017年01月ホームあつなか」(共同生活援助)開所(定員10名)
2019年02月「ぐるっぽ広小路」オープン
https://www.instagram.com/guruppo_hirokoji/
2019年04月すまいる(放課後等デイサービス)開始

法人第3次3ヶ年計画

計画の基本


◇仲間の願いや思いを大切にした実践をすすめ、その実践を継続的に保障していく安定した経営を行い、

その土台となる制度の改革をすすめていく運動を推進していく

 

◇福知山共同作業所開設40周年から、次の50周年を視野に入れた事業の方向を明らかにしていく

◎実践

障害乳幼児から青年成人期、老年期を見通した総合的な支援の在り方を検討するための組織(プロジェクトチーム)をつくり、

検討と出来るところからの実践をすすめる

〈日中事業〉
 →仲間の状況、願いや思いにもとづき、施設の機能・役割や定員、仲間の集団編成、職員体制を見直していく
 →作業内容の改善や、新たな仕事の確保をすすめ、給料の保障を行っていく
 →特に、高齢化や重度化に対応していくために、新たな施設機能(入浴サービス、リハビリ対応)の検討をすすめていく


〈居宅支援〉
 →重度の仲間のグループホーム(1棟10名)を整備し、豊かな暮らしを保障していく
 →グループホームだけでなく、仲間の多様な暮らしに対応した支援をすすめていく
 →ショートステイを3名分整備していく


〈障害乳幼児・児童や生徒の支援〉
 →障害乳幼児の障害の軽減をめざす療育をすすめ、障害児童生徒の放課後対策を充実する 特に、三段池施設の老朽化問題の解決をはかる
 →放課後等デイサービス事業を開始する

◎経営

〈人づくり〉
 →障害者の人権を大切にする人づくりをすすめていく
 →共同作業所開設40周年から50周年を迎えるために、次代を切り開いていく職 員体制をつくりあげていく 

 

〈財政健全化・法人組織の強化〉
 →各事業の収支の改善をすすめ、次の事業展開の財源を確保していく
 →労務管理や事業推進のための必要な規程の整備をすすめていく

◎運動

〈地域づくり〉
 →きょうされんの活動を強め、後援会とも連携しながら、安心して暮らし続けることが出来る地域づくりをすすめていく
 →地域との結びつきを強めるための活動を発展させる

 

<40周年>
 →40年の歩みを振り返り、次の10年の方向を関係者で確認し、市民のみなさんへも訴えていく  

情報公開

ふくちやま福祉会の公開情報等

下記よりPDFファイルにてご覧いただけます。

その他に必要な情報がありましたらお問い合わせください。

寄付のお願い

社会福祉法人ふくちやま福祉会では、障害のある人が安心して働き、
暮らし続けられる地域社会の実現を目指し、障害福祉サービスの運営をしております。
当法人が行う社会福祉事業のより一層の充実のため、個人・法人の皆様からの寄附を受け付けております。
多くの皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

寄付のお手続きについて

(1)寄附申込書に必要事項をご記入の上、法人窓口まで、郵送・FAX・Eメールでお送りください。

法人窓口社会福祉法人ふくちやま福祉会 法人事務センター
住所〒620-0928
京都府福知山市字奥野部小字三ノ宮252番地
連絡先TEL:0773-24-5245
FAX:0773-23-2826
Email:ksfukuti@gold.ocn.ne.jp

(2)寄附申込書の記載内容を確認させて頂いた後、ご連絡いたします。

(3)ご入金の確認を致しましたら、「寄付金受領書」をお送りします。

寄附申込書はこちらからダウンロードしてください。

ボランティア募集

誰にでも、人間らしく豊かに暮らしていける社会をめざし、
この地域で自分にできることを考え、自ら行動することがボランティアです。
でも、どこからボランティア活動に入っていったらいいかと悩まれている方は、
少し事業所をのぞいてみてはいかがでしょうか。
仲間(利用者)の方と一緒に簡単な作業をしたり、行事のお手伝い、あなたの得意なことを活かした自治活動の講師や演奏など、
できる範囲で無理せず、チャレンジしてみませんか。

ボランティアの登録はこちらから

ボランティア募集に関するお問い合わせ先は受け入れ再開後に記載いたします。

紹介動画